カテゴリ:中国富春スパ( 2 )

富春スパ パート2

2日目のコースは、この緑茶お茶の効能を取り入れた、全身のケアです。
やはり、前日と同じ、丁寧なカウンセリングを受け、トリートメント室に入り、着替えを済ませソファーに座っていると、木の桶にレモンの輪切りと、龍井茶の生の葉が浮かんだフットバスが運ばれて来ました。今まで、何度となく足を入れてきたフットバスですか、そういえばいつも味気のないプラスティック製の物ばかり、いくらそれがスイッチを入れると、ジャグジーになったりするといっても、その木のぬくもりから来る、暖かさ、安心感には代えられないと、改めて、自然のもつ癒しの力の大きさには感心させられました。
ちなみに、私が選んだのは、<体内の陰陽の気を整え、精神を安定させ元気を取り戻させるコース>でしたが、もう一つの、<こわばった気分とプレッシャーを解きほぐすためのリラックスのコース>の方で出されるのは、真紅のバラの花びらと、オレンジの輪切り、お茶の葉がいっぱい浮かんだ、見ているだけでうっとりとしてしまう様な美しいフットバスです。

目の前で、桶の中に海塩とペパーミントやレモン、プチグレンなどの精油が加えられ、促されて足を入れると、程よい熱さのお湯の中に、昨日のフェイシャルにも使われていた、ストーンが気持ちよく、足裏を刺激してくれます。充分、暖められた足に、次に施されたのは、海塩に緑茶を混ぜたスクラブ、そしてオイルトリートメント。
身も心も、とろけそうになったところで、ベッドに移ってうつ伏せになり目をとじていると、不意にいきなり、<香り>がやって来ました。見ると顔の部分に開けられたベットの穴の下に、セラピストがオイルの塗られた両手を差し出していました。これから始まるトリートメントのアロマの作用を、まず゛鼻から脳に伝えていく為の、香りのエピローグのような・・・
そうこう思っているうちに、意識が遠のいていき、覚醒と睡眠とのちょうど間のようなところに、いるような感覚に陥っていきます。
香りは、脳の中枢まで深く行き届き、心身に刺激を与えていく・・・、これこそ芳香療法なのだ、と何年もアロマテラピーにたづさわっていながら、今更ながら香りの持つ神秘的な力に深い驚きを覚えました。

[PR]
by e-parfum | 2007-10-01 19:49 | 中国富春スパ

中国のスパ 富春リゾート

9月の連休に、北京に行って来ました。
ホテルで、受けたトリートメントが、すばらしくて・・・
そう言えば、3年前に訪れた、同じ中国、杭州のスパリゾートのすばらしさを思い出したので、お話しますね。

かつてマルコ・ポーロが「世界で最も美しく華やかな街」と称讃した南宋時代に栄えた古い都である、中国杭州の市街地から南西に車で40分程走った、広大な茶畑の中に 富春リゾートホテルがあります。http://www.fuchunresort.com
そのホテルに併設されているスパが、従来のアロマテラピーに漢方や、中国茶、真珠の粉、シルク等、東洋のエッセンスを加えた、今最も注目されるアジアンスパ。

その美しい、湖と茶畑に囲まれたホテルでの二泊三日の短い滞在中、到着初日にまず受けたのは、60分のアロマ美顔ケア。
まずレセプションカウンターに座り、リラックスの為と、これから受ける施術の効果をアップさせるために出された、生姜とはちみつが入った、熱いお茶で体を中から温めながら、ゆっくりとコース内容をカウンセリングしていきます。
3つのブレンドの中から私が選んだのは、ペパーミント、サイプレス、スイートオレンジがブレンドされた活性化のコース。
他に、カモミール・ラベンダー・マンダリンの鎮静の為のブレンドや、ジュニパー・クラリセージ・ゼラニウムの浄化の為のブレンドがあるそうです。

一通りのカウンセリングが終わると、バリから派遣されたというセラピストが迎えに来て、龍井茶の葉がお花の代わりに飾られた、ほの暗い中国風インテリアのトリートメントルームに案内されます。そして、いよいよ始まった美顔ケアは、指圧も入った、熟練したセラピストのハンドテクニック、深いアロマの香り、額や、胸元のつぼに、暖めた石を置いていく、日本でも今流行りのストーンセラピーも取り入れた、機械をいっさい使わないやさしくスローな究極の癒しのケアでした。そしてなにより、うれしかったのは、顔だけではなく、太ももまでの足のトリートメントと、肩までの手のトリートメントが付いていたこと、ボディーケアが、ちょっと恥ずかしいと言う方にも、こういうケアなら安心して受けて頂けるのではないでしょうか。
そしてケアのあと、出されるのは、抗アレルギー、抗ストレス効果のあるナツメの実と、視力を明らかにしたり、コレステロール低下作用もあると言うクコの実がたっぷり入ったお茶。そのお茶にはドライフルーツが添えられていて、体の中からも美しく健康にしてくれそうです。
目からの癒しの効果、お茶の味、アロマの香り、セラピストの手のぬくもりの感触、静かな水と風の音、まさに五感に感じるトリートメントでした。
そしてその夜、旅の疲れも忘れ、夢も見ずに深い眠りに落ちたことは、言うまでもありません。
a0106989_2237166.jpg

[PR]
by e-parfum | 2007-10-01 19:16 | 中国富春スパ

アロマテラピーの世界へ


by e-parfum
プロフィールを見る
画像一覧